ネットワークオーディオの理念にふさわしい音楽性とは

新幹線に乗って静岡県へ行きました。

数年前から親交のあるpetaさんが、来年ヘッドホンシステムを売却し、スピーカーシステムへ移行するとの告知がありました。

以前からpetaさんのシステムに興味のあった私は、自宅へお邪魔して聴かせて頂いた次第です。

twitter.com

 

f:id:les2134:20170924143739j:plain

macPC→NADAC→BDI-DC24B→UTOPIAという構成です。

電源は、ISOTEKのTITANから直接HPAへ供給するのが1本、もう片方はPB-HR1000へ分配し、そこからDAC等が繋がっている形で、ケーブルはCHORDを中心に選定されています。

確か、総額は450万円くらいと仰っていました。私のシステムの約5倍です・・・

私が持参した音源バックアップ用PHDDをmacPCに接続し、再生したいフォルダをデスクトップにコピーして、それを手元のスマートフォンでリモート操作するという方法で聴かせて頂きました。

 

 かなり崩壊した文章ですが、感想としては上記のtweetになります・・・

本物の「ノンカラーレーション」であり。

違和感を覚える瞬間が皆無で。

私のシステムと決定的に違うのは、楽曲の音楽性の「掲示の仕方」です。

自室の音は、最初からONの状態で、OFFに切り替えられない。

また、どの楽曲も同じカラーの、色を後付けしたところしか出ていません。

個性の強い、複数の異なるケーブルを組み合わせているのが原因かもしれませんし、電源対策が不十分で微細な情報がまだまだ隠れてしまっていることも考えられます。

対してpetaさんのシステムでは、「楽曲に元々内包されている」音楽性を素直に引き出しているので、その様相は楽曲によって様々に変化します。

基本的には、僅かにモニター寄りでその音楽性は内部に仕舞われているけれど、少し意識を向けるとすぐにその世界に侵入できるようになっている。

こんな体験は初めてであり、ある種の「怖さ」すら感じるほど。

 

さて、今回の視聴では持参の音源を利用させて頂きましたが、petaさん自身は、普段はTIDALとRoonを活用されています。

TIDALはストリーミングサービスであり、Roonについてはこちらの記事を読むとだいたいの内容が掴めると思います。

www.phileweb.com

つまり、自らCDを購入してリッピングした音源だけではなく、クラウド上に存在する無数の音源を気ままに「偶然の出会いを求めて」彷徨うリスニングスタイルを可能にするということです。

しかも、タブレットスマートフォン等のリモート操作によって、家のどこからでも自由に音楽の海を移動することができる。

私が最近思うことは、こうしたネットワークオーディオを活用したリスニングスタイルの場合、これまでの典型的なハイエンドサウンド、豪華絢爛で音の端々に凄みを感じさせるような音は、あまり適さないのではないかということです。

日常生活を営みながら、やや小音量でBGM的に流していながらも、しっかりとオーディオ的クオリティを保ち音楽的な芯を掴める、そういうスタイルが似合いますよね。

その合間に、何か偶然的に心惹かれる旋律を耳にして、何か手を付けていることを中断してオーディオの音量を上げて、じっくりと楽しんだり。

こういうリスニングスタイルは、とてもスマートだと思います。

 

今、私はスピーカーオーディオを前提としてこのリスニングスタイルを想起してみましたが、petaさんのヘッドホンシステムは、ヘッドホンでこのような音が実現できています。

私はヘッドホンアンプの音量を10時ぐらいの位置にして聴いていましたが、petaさんは普段9時より上の音量にすることはあまりないようです。

(私の聴く音量が、特別大きすぎるということはないと思います)

小音量でも、音楽的な芯の部分を十分に把握できるヘッドホンシステムというのは、私は相当ハードルが高いと思っています。

 

こうなると、もはやヘッドホンという枠組みそれ自体が、物理的制約が最後の障害になります。

私は今もヘッドホンオーディオ続けてますし、デスクに向かって椅子に座ってヘッドホン装着して、ネット巡回しながらPCオーディオをやる「オタク」なスタイルが性に合っているんですが、やっぱりPCの前に身体が固定されるというのは窮屈に感じる方もいるのでしょう。

 

ヘッドホンシステムを売却されるにあたって、ではスピーカーシステムに何を導入されるのか、petaさんに大まかな構想を語って頂きました。

ここでは詳細は伏せることにしますが、私は「なるほど」と納得できるものでありました。

 

 

この度は貴重な体験を提供して頂き、本当にありがとうございました。

この場で改めてお礼申し上げます。