PCAudioシステム「第一部」完成

「全体図」

 

壁コン(2P×2口)

 

① AudioCurrent ALT-150

 →notePC (mouse computer製 corei7 / 8GB)

  ・AudioQuest JitterBug→mistral EVA-U15

  ・Kripton UC-HR→ifi ipurifire2→DAC

 

②SAEC AC-7000 (JODELICA ETP-850CU , 320CU)

 →AccousticRevive RAS-14

  →J1Project PT2PDG

 

   (1) PuristAudioDesign AC TANTUS (oyaide M1 , F1)

    →NorthstarDesign Intenso

     ・KRYNA C-PROP

     ・AudioQuest RCA-CAPS×2

     ・Wireworld GoldEclipse 6 RCA→HPAへ

 

   (2) zonotone 6NPS-NeoGrandio5.5Hi (JODELICA ETP-850CU , 320CU)

    →AudioDesign DCHP-100

     ・AudioQuest RCA-CAPS×8

     ・J1Project S35S-J

 

☆HeadPhone

Sennheiser HD800(recable:Augline 0.3mm単線×4芯 )

 

☆software

・JPLAY

f:id:les2134:20170423113646p:plain

・JPLAYStreamer

・MinimServer

 (Asset UPnP)←trial期間中

・LINN Kinsky

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PCAudioシステムが「現在のDACにおいて」完成を迎えました。

今後、DACを更新する機会があれば、それに合わせた調整がまた始まると思われるので、「第二部」開始となります。

 

完成に至った最後のピースが、DACに接続する電源ケーブルPAD TANTUSをoyaide M1 , F1プラグに換装することでした。

 

rays.hatenablog.com

rays.hatenablog.com

今回で3度目の依頼となりました。

M1 , F1 は制振構造が確りしていて、ケーブル自体は多少改造されたそうです。

また、最終調整で「新鮮」か「熟成」の選択を掲示頂き、「新鮮」仕様でお願いしました。

 

話は少し脇に逸れますが、TANTUSを作業して頂くために相手方に発送した後、ハードオフで詳細不明の電源ケーブルを購入しました。

5000円とは思えないほどずっしりと重く、ホスピタルグレードのプラグが装着されていました。

「しばらくの間、これで凌げるだろう」と考えていました。

しかしそれは、あまりにも甘かったことに気が付きます。

 

 

音出し直後。

「見た目通り、密度のある音だ。悪くないじゃないか」

20分後。違和感とも何とも言えない感じが徐々に気になり出します。

そういえば、DCHP-100に繋いでるはずのzonotone色が、全く消し飛んでいる。

こんなことは初めてでした。

「支配力が強い?いや、それ以前に、『音場の塗り潰し方』それ自体がおかしい」

 

ケーブルのウォームアップが始まったと思われるその瞬間、私はこのケーブルの致命的な欠点に気づきました。

「何だこのガラガラでしわがれた声は!!!」

 

2日目。状態に変化なし。5分でリスニング終了。

3日目。余計に悪化しているようにさえ感じる。3分で終了してベッドへ。

4日目。私は完全に諦めた。電源OFF。ケーブルを外し、押し入れに放り込む。

 

この日から私は一切音楽を聴かない生活へと突入します。

運の悪いことに、取り寄せて頂いたプラグに欠損(ひび割れ)があり、再度交換へ。

結果、1週間丸々音楽から離れる生活となりました。

せめて、PC-HR500だけでも残しておけばよかった・・・

(使わなくなったケーブルは、半年ほど経つと手放してしまいます)

 

現在は、もちろん毎日リスニングする生活です。

たった1本、ケーブルがいつもと違うだけで、音楽そのものが破綻してしまう。

これは逆説的に言えば、それだけ私のシステムと、認知感覚は鈍っていなかったということだと理解しています。

 

 

/// oyaide M1 , F1プラグの簡易review

・音像がキュッと絞られて小さくなるから、品の良さが出てくる

・前後の把握がしやすい(立体的)

・滑らかで、透明感に優れる

・ややcool(その中で有機的)