ネットワークオーディオにする必要性がないのに、JPLAYStreamerでネットワーク化する

導入方法は公式HPを参考にしてください。

私の環境はシングルPCモードですが、こちらは比較的容易に構築できると思います。

www.jplay.info

ちなみに、flacdsdのみを再生するのであればffmpegは不要です。

私のlibraryにalacやmp3は存在しないので省略しています。

 

さて、ネットワークオーディオの本質的な存在意義として

「PCの前で選曲するという『場所の制約』から解放される」ことが挙げられます。

Serverに一度投げておけば、androidtabletなどで家のどこからでもアクセスできてプレイリストを組むことができます。

これはスピーカーオーディオの場合、非常に快適なスタイルとなるのではと思います。

しかし私のような据え置きヘッドホンオーディオの場合、強制的に聴取位置はPCの前に固定されますから、わざわざこのようなネットワークを介した構成にする必要はないのですが、「JPLAYStreamerを使用することが一番高音質」であるとどこかで書いてあったので、実際に構築して試してみようと。

幸い、kinskyにはwindows版も用意されていたので、特に躓くこともなく導入することができました。

f:id:les2134:20170326232953p:plain

 

出音について端的に記述すると

「正しくKernelStreaming出力の音が出ている」という印象です。

表現するのが難しいのだけど、今まではJPLAY側でKSに指定しても、音の性格的にはプレイヤー側でASIO出しにしている、その部分が基調として存在していたということです。

「高精細でメリハリがある」のがASIO

「滲んでいるが温かみがある」のはWASAPI

KernelStreaming(KS)は音に引っかかりがなくスムーズに紡ぎ出されます。

パッと聞いて「普通」です。

しかし、それを実際に出すとなると、実は簡単にたどり着けるものではないのです。

 

P.S.

 Vista SP2でWASAPIが登場し、BitPerfectそれ自体は容易に達成できるようになったので(それがPureAudio的な観点からは他のBitPerfectが保証された出力方式:ASIOやKSと全く同一の出音ではないことは、論ずるまでもないことですが)、KernelStreaming出力の存在自体は忘れ去られていたのではと思います・・・

私もXP時代の旧遺産だと認識しておりました。

そんなKSに目を付けたJPLAY開発チームは、碧眼でありましょう。