読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機器所有者における自由問題と、音の本質について

Audio

Aという物を購入した場合、その使用法は「他者に害を与えない限り」原則的に購入者の自由となる。

しかしオーディオという世界では、しばしばその商品の使用方法、さらにはその商品の存在意義自体が揶揄されることも多々ある。

 

アンプやプレイヤーにインシュレーターってやっぱりオカルトなんでしょうか? - Sound Field ~オーディオのまとめ~

(M)アンプ接続部に挟む綿とか、プレイヤーのサイドに置くインシュレーター、アンプの上にのせる専用金属板などなど多彩な商品がございます。が、これって製品に対しての侮辱じゃないかと思う訳ですよ。確かに爆音を出せば部屋全体が揺れますよ、アナログレコードなら音が飛んでもおかしくありません、CDプレイヤーでも同じようなことが言えるかもしれません。だからこそ開発者だったらそこまでちゃんと計算して作っているはずです。早い話優れた製品にはそういうのは不要だねっていう、スピーカーの話です。

>>製品に対する侮辱

勝手に製品開発者の思惑を推量して断定すべきではない。

 

前々から思っていたが、まとめブログの管理人はこうした「自らの見解」を開示することには、慎重になるべきではないか。

 

 

抗議文はこの程度にしておいて(

数か月ぶりに中野に出向いて、PASS「HPA-1」を視聴しました。

Burson Audio Conductor V2+

→PASS HPA-1

 →HD800

 

DCHP-100と基本的な傾向としては似ています。正常進化形とも呼べるのではないかと。

クリアかつワイドレンジで、低音に十分な量感を備えています。

近年の高価格帯はバランス接続対応が当たり前な雰囲気でしたが、PASS HPA-1はRCA入力→シングルエンド出力。

非常に充実感のある音です。空間表現重視で一定の距離を保つ鳴り方よりも、音像の実在感を取りにいったのかなと思いました。

「ヘッドホンらしい音」で、私はこちらの方が好み。

合わせるDACについては、DSD変換するものよりPCMで出すタイプの方が合うような感じがします。あくまで推測ですが。

 

余談。

視聴用PCのプレイリストが「よくわかっている曲(私が普段聴いている)」ばかりで非常に助かりました。

I'veとかDucaとかeufoniusとかやなぎなぎとか。誰ですかあのリストを作成したのは(

 

なかなか視聴することも他では難しい機種です。

今回は何か「お布施」してもいいかなと思って中古のアクセサリーを眺めて、

これを買いました。

 

 あまり期待はしてなかったのだけど、結構これ効きます。

Intensoの足底についているゴムの音というのが、確かに今までは存在していたということがわかります。

つまり、「ゴム足込みで調整していた低音」という要素が外れるということです。

 

さて、ここでひとつ「解釈問題」というのを、無理やり設定してみようと思います。

Intensoは、元々付いているゴム足を接地させるのが「正しい使い方」であり、開発者の目指した音はその条件のもとで達成されるのであり、社外品のインシュレーターを使用することは開発者に対する冒涜である、と。

 

こんなことはわざわざ論ずるまでもなく、そんなことはないのだし、そもそも前提からして様々な点において破綻しています。

 

音というのは、最終的にスピーカー・ヘッドホン・イヤホンで発せられた状態において判断されるものであり、その過程において、

「音の要素を、『特定の部分として完全に分離して捉える』ことは不可能である」ということです。

 

他にも指摘できる点は色々あるのですが、まぁ面倒なので省略します。

とにかく、「正しい使い方、正しい音なんて自分で決めていいし、それに固執する必要もないし、少し脇道に逸れながら戻るのを繰り返してくのが趣味ってものでしょ」

 

そして、その「一見必要性を感じないと思われそうなもの」にこそ、その人の音に固有な『色』として形を残している。