あれから、13年。

私は小学生の頃から、すでに「J-POP」に馴染めない捻くれ者であった。 

中学2年だったろうか。PCを所有して最初に聴いた音楽は、crankyのPositive 3rdであった。

www.youtube.com

 

以降、BMSやdancing☆onigiri、音楽公開SNSmuzie」を通じて、TranceやEuroBeat、Technoにd'n'bといった音楽に系統していく。

特に、激しさの中に哀愁が感じられるものを好んだ。

www.muzie.ne.jp

「Ride Out!」「Digital Confession」「Straight Soul」「Another Heaven」

 

当時好きだった曲を、ジャンル分けせずに続けて貼っていこう。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

私はこの曲からI'veを知るという(

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

時系列無視で大量になってしまった。これ以外にも山ほどあるのだが、また別の機会に(

近年では私も同人音楽CDを集めるようになったが、学生時代はBMSやdancing☆onigiriといった音ゲーmuzieや個人HPで公開された音源を聴くことがほとんどであった。

こういう環境で育ってきたので、邦楽アルバムが1枚3000円で売られているというのがまるで理解できないのである。

しかも、artistの取り分は1割にも満たないらしい。

同人ならアルバム一枚1000円、シングルであれば500円。

私の場合、好きなサークルでも新作をあまり追わずに初期・中期の作品ばかり重んじる傾向があるので、在庫がない場合は中古を探し求めることになる。そうなると、1枚200円、300円で買えてしまう。

本来CDなどそのぐらいの値段でいいのだ、というのは暴論であろうか。

 

同人出身の作家が、商業に進出して再度、同人の世界に戻ってくる光景を、近年よく目にする。

並行して活動するにしても、どこか「付き合い方」を考えているように読み取れる。

また、商業ラインには乗らなくても、普段は全く違う仕事をしていても、プロの力量を凌ぐ実力を持った人はいくらでもいる。

「健全な世界」だと思う。本来的な「artist」としての在り方。

 

さて、最近購入したCD、三澤秋「Stella Musica」であるが、creditを見て驚いた。

http://anraku.nothing.sh/akisora/stella/

作曲者にはonoken , naotyu- , Tsukasa , 大嶋啓之 , uchu-jin。

この中には、現在商業でも活躍する人もいる。

千葉直樹」と言えば、わかる人はいるのではないか。

きっと、creditに作曲者が記されていなくとも、私は曲を聴いて即座に気が付いたであろう。

皆、当時の面影が、ちゃんと残っていたのだから。

 

「まさか、あれから13年。一同に集結するなんて。」