AudioSystem 機器個別comment 「accessories」

リファレンス電源ケーブルJPA-15000|ケーブル|製品情報|ラックスマン株式会社 - LUXMAN

壁コンが2Pなので、選択肢が少ないこともあってこの部分は適当にセレクトした。

それでも、機器付属ケーブル(3P)に変換ピン経由で接続するよりは音質は良い(当たり前だが

 

関口機械販売株式会社/ACスタビライザー 「RAS-14 tripleC」

旧ver.のPCOCC-A版を電源BOX手前に接続。

S/N改善と低重心化が主な効用であるが、機器に直接繋ぐと音の鮮度感が失われるので、この位置がベスト。

 

「PT2PDG」

オーディオユニオン御茶ノ水4Fにて、40%OFFの3万円ほどで購入した私的超掘り出し物。

新品定価で購入したとしても、この製品に関しては100%満足したと思う。

とにかく基本性能が高く、S/Nが良く、全帯域で癖がなく整っている。

 

DACに接続。高域の鮮度感が特徴。

PC-TripleC版は低音が出なくなったという噂であるが。。。

 

これも傾向としては一貫しているが、特にボーカルの表現力に秀でている印象。

USBケーブルは、1万円以下の安物は雑味が多く音場を汚すので避けた方が良い。

 

petaさんから買取させて頂きました。

音色は変化させずに、音の輪郭・見通しの良さ・S/Nといった要素に働きかけるアイテム。

ケーブルを変えたときの変化というよりは、インシュレーターを変えたときのような反応を示す。

カテゴリー的には、クロック系に入るんだろうか?

USBフィルターの方は、ウォーム寄りに変化するそうだ。私はそれは望まない。

 

Eva-U15をnotePCの下に設置。 

これも音の輪郭を鮮明にさせて滲みを取る傾向。

アーシングは、特に定位に聴く。真正面から野暮ったくフォーカスするのを、少し斜めに入るような感じに変わる。

 

SL-5000|サエクコマース株式会社 -SAEC

上位に6000番もあるが、こちらでも特に不満・不足は感じない。

低音もしっかり深く入るし、輪郭も滲みなくストレートな高域表現で、扱いやすく機器を選ばないように思う。

 

(公式ページが現在存在しないので、適当に)

HPAに使用。最大の特徴は「低音のコク」

新品の場合、PVCシースのビニールっぽい響きが気になるが、2時間も鳴らせば治まる。

高音は地味だが、別段曇ったり見通しが悪いとは思わない。

それでも、上流である程度立てておいてバランスは取った上での選択となるだろう。

線材は3Nなのに、雑味を感じないこの出来栄えは見事だ。

 

HD800標準ケーブルで顕著な、低域の軽さや薄さ、密度感を補った上で、全体的なパフォーマンスを改善できる。

銀メッキ線ではあるが、高域に癖はなく、全体とよく調和する。