今がお買い得?(あまり出回りませんが)nanotec-systems Power Strada 3J

DAC更新後、1ヶ月程度ですが既にケーブル類で調整を始めております。

 

まず最初に目を付けたのが、私がこれまで「基準」としてきた、ジョデリカ無メッキプラグ「ETP-850 ,320CU」でした。

システムに2箇所、SAEC AC-7000・zonotone NeoGrandioに装着していますが、今回はzonotoneにご退場願いました。

PAGODA DACによってmidの厚みは十分に確保できているので、両端のレンジ拡大を考えたときに、外すならここかなと。

 

今回は表題の通り、nanotec-systems Power Strada 3Jを購入しました。

 

netmall.hardoff.co.jp

かなりプラグの状態も良好で、数回の抜き差し程度の擦り線が入っている程度。

これが35k+税とは、とてもお得です。

なぜなら、装着されているプラグはフルテック FI-50 , FI-50 (M)。

これを揃えただけでも4万円なので。

ケーブル部のPower Strada 306は廃盤ですが、当時1m=8000円ぐらい?

今では貴重なPCOCC-Aです。

 

完成品のケーブルというのは、プラグと切り売りケーブルが単品で販売されていたとしても、その合計の2倍の値段というのはよくあることで、PowerStrada 3Jも販売当初の定価は10万円でした。

それも次第に値下がりしてディスコン直前は7万程度。PCOCC-Aの供給停止に伴い廃盤となると、確かにこの中古価格も理解はできる設定ではあります。

 

海外製ケーブルの多くは、10万円を超えるような製品でもプラグはLeviton・HUBBELL・Wattgate等の安価なものがアッセンブルされていることが多いです。

以前PAD AC TANTUSのLeviton製プラグをoyaide M1,F1に換装した記事をupしましたが、性能、音楽性双方に大きな向上をもたらしました。

rays.hatenablog.com

これらの経験から、最近ではケーブルというのは導体の純度よりも構造、そしてそれより重要なのは実はプラグの方ではないかと思うようになっています。 

 

 

-Sound Impression-

PAGODA DACにPAD AC TANTUS (oyaide M1,F1)

DCHP-100にPower Strada 3Jという配置にしました。

FI-50プラグとPCOCC-A導体の組み合わせにより、やや高域にはアクセントが入ります。

少なくとも、IntensoをDACとしていた時期であれば高域のコントロールが難しかったでしょう。

金・銀の微粒子含有コロイド溶液の効果については、よくわかりません(

あまりそこには興味を持たずに購入していますので。

 

今回はプラグに視点を置いて記述します。

フルテックFI-50は、気品や透明感といった要素に働きかける印象です。

まだバーンインが十分ではないので、もう1ヶ月は経過を見る必要がありそうですが。

oyaide M1,F1は、どちらかというと音の骨格や力感といった部分で底上げを図るタイプですね。

システムに両方を組み合わせることで、両端のレンジの広さ、音像の彫りの深さ、力感といったオーディオ的基礎能力と、気品や透明感などの美的要素を両立させることを「目指す」ことができます。

 

PAGODA DACに更新してからの変更点は、今回の1箇所のみですが、実は既にかなりバランスが取れてきたので、もうこの辺りで調整は打ち切りにしようかと思っています。

私の目的は「音を変化させることそのもの」ではありませんので。

「好きな曲なのに、楽しく聴けない」なんて、そんな不幸なことがありますか

DAC更新が視界に入ってから、実際の購入までには1年を要しました。

その間、様々な機種を視聴し、視聴できそうにないものは雑誌やネット上の僅かなレビューを拾い集める日々が続きました。

 

そして私が今年の4月に下した結論は、「ハイエンドDACは、私には必要ない」

 

ここで私が「ハイエンド」と設定した製品は、実売50万円以上なので、人によってはまだまだミドルクラスと判断されるかと思います。

しかしながら、私にとっては、「値段が上がるほど、音がつまらなくなる」としか感じられないのです。

exasound e22 mk2も。

DIDIT Hiend DAC212SEも。

 

理由は、わかりません。

ただ、「20万以下のエントリークラスのいくつかに備わっていたものが、Intensoには確実に感じられた『何か』が、ハイエンドDACには失われている」

それだけは確かな実感として、ありました。

 

では、私はどのDACなら失敗しないのか。

DDCを挟んで、USB入力を搭載していない古いDACを買う」

リスクが高いです。探してみても、単体DACというのは思った以上に少なく、CDPとの一体型が、かつての主流のようでした。

そもそも、デジタル技術が進歩したから、私の指し示す『何か』が失われたというわけではないような気がします。

 

いつの間にか、私は「高性能なものへ買い換える」という去年の発想を捨て去っており、「今までとちょっと違う音にしたいな」という、"ライトな"方向に転換していました。

でもそれだったら、わざわざ20万かそこらを出して購入する気には、ならないなぁと思うようになっていて。

 

いくつか候補をkeepしておきながら、実際には決断しない悶々とした日々。

あるとき私は、聴いたこともなければ名前すら知らなかった製品を、偶然見つけることになります。

Mhdt lab Pagoda DAC

http://dhost.info/mhdtlab/Pagoda%20balanced.htm

 

PCM1704マルチビットDAC×4 

GE5670真空管出力バッファー

見た瞬間、何も知らないのに第一候補になりました。

「マルチビットDACとは何か」購入した後から、何となく調べるぐらい適当です。

私はあまり技術的なことを気にしないんです。本当に買うときは直観のみ。

 

もうひとつ、候補に挙がっていたものにEXOGAL Comet DACがありましたが、

http://www.axiss.co.jp/brand/exogal/comet/

こちらは結局選ぶことはなく。

 

PAGODA DACを取り扱っているMhdt labですが、国内代理店は存在しません。

しかし、ある方から「コンタクト」があり、それによって購入することができました。

日本仕様AC100Vとなっています。

 

f:id:les2134:20170602224144j:plain

 

さて、このDACですが、今までの私のPCAudioに対する常識が全く通用しません。

JPLAYを使用しない、WASAPI出力が一番音が良いと感じられるのですから。

こんなことは今までありえなかった。

Northstar Design Intensoでは、WASAPIとASIO、そしてJPLAYを経由するそれぞれの出力において明らかに音質の差がありました。

特に、WASAPIは常用に耐えるものではなかった。PAGODA DACでは完全に逆転現象が発生しています。

 

ここで、PAGODA DACにおいて私が「音が良い」と言っているときに、「解像度や分離」を指しているのではないことを明記しておく必要があります。

こういった要素は、PAGODA DACではどの出力方式でもほとんど違いがありません。

まずそれ自体が驚きなんですが、WASAPIが一番聴いていて私のイメージする「音楽的である」音に一致します。逆に、JPLAYを通すとその「音楽性」は失われている。

 

*6/5 加筆修正

元々PAGODA DACに搭載されているUSBレシーバーはJPLAYと相性が良くないです。

CMediaはKernelStreaming非対応で、動作エンジンはClassicに、実質的に限定されてしまいます。

それでも、JPLAYの諸設定とASIOデバイスのバッファー調整を緩めにしたところ、常用に違和感ないレベルまでには向上し、「音楽性」も感じられるようになってきています。

 

もうひとつ。PAGODA DACは貴重な特質を持っています。

「音源の音質の良さに関係なく、あらゆるものに対して音楽的な『芯』の部分を掬い上げることが出来る」ということ。

これは、「音質が悪いとされる音源を、悪目立ちさせずにそれなりに再生する」こととは少し意味が異なります。

 

最近流行りのESSの音は、「オーディオ的な美音」演出のために中域の一部分を僅かに引いている、と仮に想定するならば、このPAGODA DACのPCM1704は、とにかく「全てを出し切る」ことが前提となっているように思われます。

つまり、ESSのDACは、元々厚みのある今時の音源に対して、適度にバランスを取って「引き算」する再生には強みを発揮します。

しかし、それだけでは私のmusic Libraryの全てには対応できていなかった。

 

PAGODA DACがシステムに組み込まれて以来、Intensoではあまり聴かなくなっていた音源を、楽しく聴けるようになりました。

http://lolita-neurosis.biz/eve.htm

2011年リリース、ロリィタノイロォゼ1st~6thアルバムのベストリマスタ盤「イヴ」

現在は、2016年に発売された1st・2nd再録「lilin」

http://lolita-neurosis.biz/lilin-cd.htm

今年の春M3新譜 3rd・5th・6th再録「a little bit inside/insight」

http://lolita-neurosis.biz/albii/index.html

により、一部の楽曲は3回目の再録となっています。

 

Intensoを使っていたときは「lilin」と「a little bit inside/ insight」を買って以来、『イヴ』は、実はあまり聴いていなかったのだけど、PAGODA DACを購入してからは、この『イヴ』も、よく聴くようになりました。

底に滞留するノイズ成分が、音楽的な芯の部分を伝える上では、マイナス要素にならないのです。

「Go Under」が、代表曲として10年間愛され続けてきた、その変遷を辿ることができます。

こんな嬉しいことは、ありません。

 

 

オーディオは、どこまで行っても私的な領域だと思います。

近年では、邦楽CD売上トップ30が、まるで指標として意味を持たなくなったようです。

だから日本の音楽は衰退した、そんなわけはありません。

「多様化」したのです。100人いれば、みんな異なる曲を聴いている、とまではいかないかもしれませんが。

世の中、優秀な録音ばかりではありません。

オーディオを既に取り組んでいる方で「今現在、うまく鳴らないけれど、その音楽は好きだ」というものが、おそらくあるのではないでしょうか。

 

「悪いものは悪く」再現して、何の意味がありましょう。

「音楽がそっけなく感じられるが」なんていう表記が、web上でオーディオ評論家から出てくるのは、なんだかおかしな方向に向かっているように感じます。

 

 

「録音品質が良かろうが、悪かろうが、それに関係なく、楽曲独自の音楽性を引き出せる」

それが幸福への近道であると、私は思います。

 

 

P.S.

本文は以上にて終わりますが、この記事に関連する過去のtweetを随時pick upしていきます。

次回ブログ記事の構想が固まった段階で、twitterからの捕捉は打ち止めとなります。

 

 

 

PCAudioシステム「第一部」完成

「全体図」

 

壁コン(2P×2口)

 

① AudioCurrent ALT-150

 →notePC (mouse computer製 corei7 / 8GB)

  ・AudioQuest JitterBug→mistral EVA-U15

  ・Kripton UC-HR→ifi ipurifire2→DAC

 

②SAEC AC-7000 (JODELICA ETP-850CU , 320CU)

 →AccousticRevive RAS-14

  →J1Project PT2PDG

 

   (1) PuristAudioDesign AC TANTUS (oyaide M1 , F1)

    →NorthstarDesign Intenso

     ・KRYNA C-PROP

     ・AudioQuest RCA-CAPS×2

     ・Wireworld GoldEclipse 6 RCA→HPAへ

 

   (2) zonotone 6NPS-NeoGrandio5.5Hi (JODELICA ETP-850CU , 320CU)

    →AudioDesign DCHP-100

     ・AudioQuest RCA-CAPS×8

     ・J1Project S35S-J

 

☆HeadPhone

Sennheiser HD800(recable:Augline 0.3mm単線×4芯 )

 

☆software

・JPLAY

f:id:les2134:20170423113646p:plain

・JPLAYStreamer

・MinimServer

 (Asset UPnP)←trial期間中

・LINN Kinsky

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PCAudioシステムが「現在のDACにおいて」完成を迎えました。

今後、DACを更新する機会があれば、それに合わせた調整がまた始まると思われるので、「第二部」開始となります。

 

完成に至った最後のピースが、DACに接続する電源ケーブルPAD TANTUSをoyaide M1 , F1プラグに換装することでした。

 

rays.hatenablog.com

rays.hatenablog.com

今回で3度目の依頼となりました。

M1 , F1 は制振構造が確りしていて、ケーブル自体は多少改造されたそうです。

また、最終調整で「新鮮」か「熟成」の選択を掲示頂き、「新鮮」仕様でお願いしました。

 

話は少し脇に逸れますが、TANTUSを作業して頂くために相手方に発送した後、ハードオフで詳細不明の電源ケーブルを購入しました。

5000円とは思えないほどずっしりと重く、ホスピタルグレードのプラグが装着されていました。

「しばらくの間、これで凌げるだろう」と考えていました。

しかしそれは、あまりにも甘かったことに気が付きます。

 

 

音出し直後。

「見た目通り、密度のある音だ。悪くないじゃないか」

20分後。違和感とも何とも言えない感じが徐々に気になり出します。

そういえば、DCHP-100に繋いでるはずのzonotone色が、全く消し飛んでいる。

こんなことは初めてでした。

「支配力が強い?いや、それ以前に、『音場の塗り潰し方』それ自体がおかしい」

 

ケーブルのウォームアップが始まったと思われるその瞬間、私はこのケーブルの致命的な欠点に気づきました。

「何だこのガラガラでしわがれた声は!!!」

 

2日目。状態に変化なし。5分でリスニング終了。

3日目。余計に悪化しているようにさえ感じる。3分で終了してベッドへ。

4日目。私は完全に諦めた。電源OFF。ケーブルを外し、押し入れに放り込む。

 

この日から私は一切音楽を聴かない生活へと突入します。

運の悪いことに、取り寄せて頂いたプラグに欠損(ひび割れ)があり、再度交換へ。

結果、1週間丸々音楽から離れる生活となりました。

せめて、PC-HR500だけでも残しておけばよかった・・・

(使わなくなったケーブルは、半年ほど経つと手放してしまいます)

 

現在は、もちろん毎日リスニングする生活です。

たった1本、ケーブルがいつもと違うだけで、音楽そのものが破綻してしまう。

これは逆説的に言えば、それだけ私のシステムと、認知感覚は鈍っていなかったということだと理解しています。

 

 

/// oyaide M1 , F1プラグの簡易review

・音像がキュッと絞られて小さくなるから、品の良さが出てくる

・前後の把握がしやすい(立体的)

・滑らかで、透明感に優れる

・ややcool(その中で有機的)

 

最近の視聴メモ

システムのうちDACやHPAに焦点を当てて記述

 

①フジヤ

・OPPO SONICA DAC (音源:デモPC)

性能は確かに価格破壊。実売10万の音ではない。

分離・S/Nは相当良い。人気なのも頷ける。

個人的には表現・表情がサラッと流しすぎ?

聴きやすさ重視で受け入れやすい音だと思うが、凄みは感じない。

emotionalな部分まで取りに行くのは、欲張りすぎか。

 

・exasound e22mk2+AudioDesign強化電源

視聴音源:持ち込みCD

floatingcloud.shop-pro.jp

「サリー」 8th Album 【バチ】 東方輝針城(後半)フルヴォーカルアレンジCD

Flower villageは素晴らしかった。

温度が冷たくないのもgood

しかしサリーは、音の勢いが物足りない。

このDAC、光入力よりUSBの方が良いはず。その点を差し引いて考える必要はある。

 

②ダイナ1F

視聴音源:持ち込みCD

lolita-neurosis.biz

artist.cdjournal.com

Tr15 浸想

 

FOSTEX HP-V8

意外とソリッド。ロリィゼにはまるで合わない。

音の迫力・情報量は凄まじい。しかし厚みの中の味が不足している。

 

・DIDIT HiEnd DAC212 SE(音源:デモPC)

典型的なES9018サウンド。スリムで繊細。実売は高い。

 

・Melidian ULTRA DAC

手の届かない価格帯ではありますが。

温度感が心地よい。

高解像をことさら見せつけないところも好印象。

 

 

 色々聴いても決定打にならないので迷走する、の巻(

 

 

ネットワークオーディオにする必要性がないのに、JPLAYStreamerでネットワーク化する

導入方法は公式HPを参考にしてください。

私の環境はシングルPCモードですが、こちらは比較的容易に構築できると思います。

www.jplay.info

ちなみに、flacdsdのみを再生するのであればffmpegは不要です。

私のlibraryにalacやmp3は存在しないので省略しています。

 

さて、ネットワークオーディオの本質的な存在意義として

「PCの前で選曲するという『場所の制約』から解放される」ことが挙げられます。

Serverに一度投げておけば、androidtabletなどで家のどこからでもアクセスできてプレイリストを組むことができます。

これはスピーカーオーディオの場合、非常に快適なスタイルとなるのではと思います。

しかし私のような据え置きヘッドホンオーディオの場合、強制的に聴取位置はPCの前に固定されますから、わざわざこのようなネットワークを介した構成にする必要はないのですが、「JPLAYStreamerを使用することが一番高音質」であるとどこかで書いてあったので、実際に構築して試してみようと。

幸い、kinskyにはwindows版も用意されていたので、特に躓くこともなく導入することができました。

f:id:les2134:20170326232953p:plain

 

出音について端的に記述すると

「正しくKernelStreaming出力の音が出ている」という印象です。

表現するのが難しいのだけど、今まではJPLAY側でKSに指定しても、音の性格的にはプレイヤー側でASIO出しにしている、その部分が基調として存在していたということです。

「高精細でメリハリがある」のがASIO

「滲んでいるが温かみがある」のはWASAPI

KernelStreaming(KS)は音に引っかかりがなくスムーズに紡ぎ出されます。

パッと聞いて「普通」です。

しかし、それを実際に出すとなると、実は簡単にたどり着けるものではないのです。

 

P.S.

 Vista SP2でWASAPIが登場し、BitPerfectそれ自体は容易に達成できるようになったので(それがPureAudio的な観点からは他のBitPerfectが保証された出力方式:ASIOやKSと全く同一の出音ではないことは、論ずるまでもないことですが)、KernelStreaming出力の存在自体は忘れ去られていたのではと思います・・・

私もXP時代の旧遺産だと認識しておりました。

そんなKSに目を付けたJPLAY開発チームは、碧眼でありましょう。

Audio Current ALT-150

今回の更新もささっと。

オクで安く出てたので衝動的に・・・(12k

クリーン電源の枠に入るのかな?

 notePC:mouse computer製 win10 64bit corei7 8GB

に使用します。

本当はACアダプタを何とかオーディオでも使えそうなものにしたいのですが、

19v / 4.74Aに対応できるものが見当たらないので、とりあえず壁コンに直結している状況だけ変えようと思いました。

「オーディオとPCの電源分離」については、これでようやく達成。

 

これだけでも、結構音の質感は良い方向へ変わるものです。

「何がどう変わったのか」は省略です。簡単更新回ですので(ぇー

AudioQuest「JitterBug」

www.audioquest.com

 

接続方法としては、kripton UC-HRには使わずに、隣接するUSBポートに挿していますが、その先にEVA-U15のアース用USBケーブルが繋がっています。

www.escart.jp

 

この配置になったのは、

 

・単純にnotePCに空きUSBポートがない

・左側2個(USB3.0)、右側1個(USB2.0)の仕様で、右側にはマウスとキーボードが繋がっているハブがありますが、それに対して使うよりは左側のEVA-U15アース用USBに使用しているポートの方が良好な結果が得られたから

 

この2点が理由になります。

 

また、購入初日はKtripton UC-HRに挟む形で直接オーディオに組み込んで使用しましたが、どうも納得がいかない音なのですぐにやめました。

www.kripton.jp

 

というのも、確かにS/Nの改善具合は直接オーディオに組み込んだ時が一番大きいのだけど、どうも直接音ばかり入ってくる印象で、空気感とでも言えるものが消滅してしまったことに加えて、ちょっと音が「明るくなりすぎる」のです。私の場合、ifi iPurifire2と併用していることが、この結果に影響を与えている可能性があります。

ifi-audio.jp

 

「間接的に」影響が及ぶように使用すると、この作為的な雰囲気は前面に現れなくなります。